できるだけ天然歯を残す方向での治療の提案

診療室

虫歯になれば削り詰め物をしてやがて歯を失う、これはひと昔前の一般的な歯科治療の在り方でした。しかし一度失った歯は再生することなく、神経まで失うと、入れ歯やインプラントの治療になります。昔からある入れ歯ですが、外れたり管理が面倒であったりするなど、快適とは言えません。またインプラントは外科的な治療というリスクゼロではない方法、費用面も高額です。なぜ京都市北区の歯医者は人気があるのか、その理由の一つは患者と向き合ってくれるから、簡単に歯を削ったり神経をとったりする治療をしません。一度無くすと再び生えてこないのが天然歯、また口腔内の歯の状態は、全身の健康にも関わります。そのため虫歯や歯周病になったとしても、可能な限り天然歯を残す方向で歯科治療を提案してくれるため信頼が厚いです。

口腔内の相談から歯科治療の提案に治療まで

歯科医

来院をしたら無資格のカウンセラーが話を聞いて、歯科治療のときだけ歯科医が登場し、その後の説明などはカウンセラーが行うというスタイルではなく、京都市北区の歯医者は常に歯科医が責任をもって患者の対応をしてくれます。歯の悩みを直接歯科医に話して、お口の中を確認したうえで、ベストな歯科治療を提案してくれるので安心です。もちろん歯科衛生士もサポートに入りますが、ほとんどのことを丸投げすることはありません。最初の相談から口腔内の診察、適切な歯科治療の提案をしてくれて、患者が納得したうえでの歯科治療のスタートです。治療が完了するまで、最後まで責任をもって歯科治療に当たってくれます。現在どんな治療をしているのか、どのくらいかかるのかなど、詳しく歯科治療の内容やスケジュールも教えてくれるのも安心できるポイントです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3